保育園看護師の面接 - 子育ての質問にどう答えるべきか?

保育園看護師 > 保育園看護師の面接で子育てについて聞かれた場合

保育園看護師の面接で子育てについて聞かれた場合

看護師の面接で、子供ができた場合に仕事は続けられるかという質問をされることがあります。すでにお子さんがいる方なら経験があるのでいろいろなことが分かっていると思いますが、未婚の人や、既婚でも子供がいない人には想像もつかない部分もあるでしょう。
保育園看護師に強い求人サイトは?

採用する側としては、せっかく病院に受け入れた看護師がすぐ辞めてしまっては困るので、将来的なことも参考程度に聞いているのだと思います。

今はまだ結婚する予定がまったく無いとしても、この先はどうなるか分かりません。子供ができると仕事と家庭のバランスを取って働かないといけませんから、簡単にでもいいですから将来のことは考えておきましょう。

もし子供ができたらすぐ辞めようと思っている場合、面接の場で正直にそれを話すと採用は厳しくなるでしょう。もちろんその時になってみないと分からないこともありますし、子供ができて退職するのが間違っているというわけではありません。

でも面接を通過したいなら、子育てと仕事を両立させるつもりであるという意思を表明することが大切です。たとえば院内の託児所に預けて働く予定だとか、自分の親に子守を頼んで職場復帰する予定だというように。

ギリギリの人数で運営している職場ですと、一人の看護師が休むと大きな痛手となってしまいます。出産後も子供を預けて働き、子供が熱を出した時は親に頼んで看病してもらうというように具体的な策を示すことができれば、採用する側も安心するのです。

仕事を頑張るあまり、プライベートが犠牲になってもいけませんし、子育ては母親としてとても大切な仕事です。無理をして働くというのではなく、仕事も子育ても両方大切にするにはどうしたら良いかを、自分なりに考えたうえで面接にのぞむのが良いと思います。

もし面接の際にどんな質問をされるか心配でしたら、看護師専門の転職サイトでコンサルタントに相談してみると良いでしょう。子育て関係のことを聞かれたらどのように答えたら良いのか、アドバイスもしてもらえるはずです。

仕事が決まらない看護師の特徴

現在、看護師不足という問題から看護師の求人が増えています。 とはいえ、看護師不足だからといって、看護師なら仕事が決まるわけではありません 。

中にはなかなか仕事が決まらず困っている看護師もいます。そういった看護師には共通の特徴があります。以下で詳しく見ていきましょう。

・絶対条件が多いため仕事が決まらない

自分がこれから働くうえで希望条件は誰でもありますが、これは絶対という条件が多すぎるのもよくありません。「絶対条件」ばかりでは要求の多い転職希望者になってしまい、面接時に「採用すると面倒くさそう」と採用担当者から思われてしまいます。

自分のために働きやすい、いい環境の職場を見つけるためにも「絶対条件」は出てくると思いますが、時に妥協も必要なのです。この条件は外せないというものを1つ挙げてみると考えがまとまり、もう少し楽に条件が出てくると思います。

・転職の回数が多く印象がよくないため仕事が決まらない

看護師は転職の多い職業ですが、あまりに転職の回数が多いと面接側に印象がよくありません。転職が多い人よりも、勤めていた期間が長い人の方が信用度が高いく、長く働いてくれそうな人を採用した方が病院側も都合がよいからです。

まずは、言い訳をせずに素直になることです。何かと人のせいにして言い訳ばかりになってしまっては、採用してもまたすぐに辞めてしまうのでは?と思われてしまいます。たとえ採用してもらえたとしても今までと同じように、何か理由が出来ればまた転職をしてしまうことになってしまいます。

・面接をなかなか受けずにいるため仕事が決まらない

面接を受けようという気持ちはもちろんあるのですが、求人探しの作業に時間がかかり過ぎてしまい、いざ面接をお願いしようという時には求人が終わってしまっていたことも少なくありません。

そういう方は心配性な人や優柔不断な人が多いですが、まずは行動に移していかないと何も始まりません。1ヶ所でも面接に行けば、自分がイメージしていた通りの職場なのかも分かりますし、そこから少しずつ条件がしっかり絞れてくるので、求人探しがしやすくなります。

看護師に限らず、どの職業も仕事が決まるまでは大変です。すぐに転職が決まらないからと諦めるのではなく、自分のどこを直していけばいいのか?自分をどうアピールしていけばいいのか?自分自身を見直して、改善していくことが大切です。

看護師の結婚

いまや結婚しても共稼ぎというのは常識になってきています。 看護師が結婚を考える場合はどのような点に注意したらよいのかを見ていきたいと思います。

1.転勤の有無

看護師が結婚を考える場合は夫の職業というか、その職種は転勤を伴うことが多いのかを意識して考える必要があります。 例えば金融機関や商社、全国規模のメーカーなどは転勤が多い職種といえるでしょう。 それに対して地方公務員や自営業などは転居を伴う転勤は少ないと言えます。

夫の転勤の場合、帯同するか単身赴任をしてもらうかという2パターンが考えられます。

2.単身赴任をしてもらう

子供が学齢期に入っており転校させたくない場合、親の介護等があり引っ越しができない場合、自分のキャリアを積み上げたい場合は単身赴任をしてもらうことになるでしょう。 この場合、子供が小さい頃は送迎などを分担することができずに負担が大きいですが、 ある程度子供が大きい場合には慣れてしまえばかえって手がかからなくて楽という人もいます。

3.夫に帯同して転職

子供が小さかったり、環境が許せば夫に帯同して転居先で新しい職場につくケースもあるでしょう。 妊娠・育休期間と重なる場合は休職して子育てを満喫したり、新たなステップアップのために 将来の役に立つ資格をとったりする期間にあてるのもいいかもしれません。

また、新しい職場で働く際はまた転勤の可能性があることを最初に伝えておくと職場の方も助かります。 地元のクリニックや老人ホームなど活躍の場はいろいろとあります。

4.全国展開している病院に勤務する

あらかじめ、転勤が多そうだと分かっている場合には全国展開している医療機関に勤務するのも良いでしょう。 せっかく正職員として働いていてるのに、キャリアが転勤で中断されてしまうのはもったいないですが、 配属変えという形であれば転居に伴い退職する必要もありません。 昨今、民間企業のみならず医療機関のM&Aも活発に行われています。