看護師は看護師の分野でも活躍中!介護師との違いとは

看護師が介護師として働ける?

看護師が介護師として働く事ができるのかという事についてです。看護師も介護師も、高齢者の方の健康や病気のサポートをするという役割は同じですが、看護師は主に病気面のサポート、介護師は高齢者の方の毎日の健康のサポートを主に行うという違いがあります。

介護の仕事では看護師のような夜勤はないので、少し働きやすいというのはメリットかもしれません。

高齢者の方が入居する場所として、老人ホームやケアハウス、生活支援ハウスという施設があります。少しずつ特性が違う部分はありますが、基本的に高齢者の介護をするという内容は同じです。

これらの施設でも、看護師は仕事をする事ができます。病気の専門的な知識を持っていると急な病状の悪化などにも対応できるため、介護施設でも看護師の積極的な採用が始まっています。

こういった現場では看護師が介護の業務を行う事も出てきます。看護師としての仕事はそのままで、オムツの交換や入浴などの身の回りの世話をする事もあります。看護師にできるのかと思われる方もいますが、実は看護師にも向いているのです。

病気や体調などに詳しいという事はその点に気を付けながら、業務を行う事ができるためです。同じ事をするにも、病気の専門的な知識があると細かい所で違いが出てくるとも言えます。

高齢者の方にも、薬なども知識を基に、姿勢を少し変えて飲むと楽ですよ、こういう副作用には注意してくださいねなど、医療的な話を交えて接する事ができます。このため、看護師はしっかりと経験を積んできた方であれば、介護の現場でも十分通用するスキルを持っているのです。

もちろんすぐに即戦力として通用するかというと、介護の仕事をしながら新しく学ぶ事もあると思います。ですが、看護師としての経験を生かして仕事をしていけば、その力は周りの方も認めてくれやすくなりますし、早い段階で仕事になれる事もできるでしょう。新しいステージでも頑張っていってほしいと思います。

↑ PAGE TOP