リハビリテーション科の看護師-業務内容と心構えについて

リハビリテーション科の看護師の仕事内容は?

リハビリテーション科は文字通りリハビリをするところです。リハビリに関わる多くの職業の人達が活動しており、看護師はあまりリハビリ職というイメージはありませんが、リハビリしていく上でとても大切な立場だったりするのです。

なぜなら、入院している人の場合などは、看護師って一番関わりのある職業ではないでしょうか? 看護師がリハビリをすることを促し、入院している人たちがリハビリに対して積極的になれば、機能回復を促進していくことが出来ます。

リハビリテーション科の看護師は、日常的な看護はもちろんですが、リハビリが必要な人が更に機能が低下しないように予防したり、二次的な障害を防ぐことがお仕事です。では業務内容はというと、リハビリの補助やリハビリを自発的にしている人をお手伝いすることが、主な業務内容といえるでしょう。

一般的な病棟看護師としての業務も多くありますので、他の職業と連携することも多くなります。特にリハビリテーション科ですのでリハビリ職と連携していくことがとても多くなると思います。

リハビリ職の人と連携することで、どのような運動が効果的なのか、どのような体の動かし方をした方が良いのかなど、リハビリに関しての知識を得ることも出来ます。

ですので、日常的な看護の中に効果的に取り入れることができるようになるのです。そしてその知識は、基本的にどの診療科に行っても役に立つ知識です。

リハビリ職の人は入院している人やその家族に対して、心がけや注意事項の説明をすることがあります。しかし時間が無くて説明ができなくなってしまうこともあり、そのような時は、看護師から改めて説明をする必要があります。

リハビリテーション科の看護師は、とても大切な役目であり、そして純粋に看護師としての能力も上げていくことができるようになるのでスキルを磨きたい人にはおすすめの診療科です。

やはり、常にリハビリに関わるわけではないので、看護師としての基本的な技術が必要であり、働くにあたっての必要条件と言えるでしょう。基本的な看護業務をしていく中で、リハビリを取り入れていくことがお仕事です。

常にリハビリに対して理解を示しておかなければなりません。そしてリハビリ職の人と多く関係を持つことになりますので、立場によっての考え方が食い違ってしまうこともあります。

その時に看護師としての自分の考えだけ主張するのではなく、リハビリ職の人の考えにも耳を傾けるような事ができる人が、リハビリテーション科の看護師に向いていると言えます。

とても大変なお仕事ですが、その分の看護師としてのスキルも身がかれますし、視野を広げるきっかけにもなります。視野を広げたい、スキルを磨きたいという人は、是非リハビリテーション科に転職してみてはどうでしょうか。

↑ PAGE TOP